ギックリ腰の症状について

あなたはこんな症状で悩んでいませんか?

・何度もギックリ腰を繰り返している

・また「あの」痛みがでないかビクビクしている

・腰・お尻に「ビリビリ」と電気のような痛み走る

・いつ痛みが出るか不安でコルセットが手放せない

・MRIを撮ったけど異常なし

・動くと痛いので、動きたくない

これらは全てギックリ腰の症状です。ぎっくり腰とはいったい何なのか?

ぎっくり腰(急性腰痛)

ぎっくり腰とは突発的に起こる腰部の痛みの事をいいます。一般的にギックリ腰を起こすケースとして、前かがみで重たい物を持ち上げる際に痛みが走る。といった認識の方が多いと思います。ギックリ腰は上半身を急激に動かす動作によって引き起こされる事が多く、急に反った瞬間、急に振り向いたり瞬間、くしゃみをした瞬間に症状を引き起こしてしまう事もあります。日常生活のあらゆる状況で引き起こす可能性がある、ぎっくり腰は急に起こるイメージがあるかもしれませんが、実際は前段階として、腰に鈍い痛みがでる、腰が重だるい、腰に変な違和感があるなど前触れがある事が殆どです。腰に違和感がない状態でぎっくり腰になる事は殆どありません。

ギックリ腰の症状

西洋では「魔女の一撃」と呼ばれているギックリ腰ですが、言葉の通り、何かをした拍子に腰に激痛が走り、最悪の場合その場を動く事も立つ事も困難になってしまいます。このようにギックリ腰を簡単に言うと「急に痛くなった腰痛=急性腰痛」の事を言います。
そして、このような状態で病院に行くと、殆どの場合レントゲンで異常がみられません。なぜならレントゲンで診れるのは骨であって、筋肉の状態を見る事はできないからです。

ぎっくり腰になってしまったら?

気を付けていても、ギックリ腰になってしまった場合はどうしたら良いか。
以下の事を試してみて下さい。何もせず安静にしているより早期に回復が見込めます。
「ギックリ腰になったら冷やした方が良い?温めた方が良い?」
1冷やした方が良い
ギックリ腰は突発的に起こった怪我の様なものなので、炎症が起こっている事が殆どです。炎症が起こっている時に温めてしまうと、炎症を促進してしまい、痛みが増してしまう場合があるので、冷やしてあげるのが正解です。
「ギックリ腰になったら、どうしたら早く良くなるか?」
2安静にする

ギックリ腰になっている時は炎症が起きているので、動きすぎると炎症を酷くしてしまう可能性があるので、1~2日は安静にしましょう。寝て安静にする際は横向きか仰向けで膝を軽く曲げて寝ると更に腰への負担を軽減する事ができるので試してみて下さい。
「どのような治療が一番効果的か?」
3鍼治療は効果抜群

ギックリ腰になった直後にマッサージや整体を受けると更に悪化する事があります。
それは、炎症が起きている所をマッサージする事で炎症を助長してしまうからです。最低でもギックリ腰になってから3日はマッサージは受けない様に気を付けましょう。
ギックリ腰を最短で良い状態にするには鍼治療が最適です。鍼には炎症を抑える「消炎作用」痛みを抑える「鎮痛作用」そして、硬くなった「筋肉を柔らかくする作用」があります。腰への負担は最小限に、治療の効果は最大限に活かせると言えるでしょう。

ギックリ腰の原因

急に激しい痛みが襲ってくるギックリ腰ですが、自分でできる応急処置としてネットで検索すると、冷やしたり、ストレッチしたりと色々な情報が出てきます。応急処置をしながら、原因はなんだったんだろうと考えてみると、「急に負担が掛かったのが原因?」「「痛みを出した時の姿勢が悪かった?」等色々思う方がいるかもしれませんが、実際はそうではありません。痛みは結果として出ていますが、いつ痛みが出てもおかしくない状態だったのです。

ギックリ腰の原因は、日常生活の中で負担の掛かる悪い癖や習慣により「負担・歪み」が生じ、負担が蓄積した事が影響してます。

実際にギックリ腰になった方は、同じ姿勢で作業していつも遅くまで仕事をしていませんでしたか?

重い荷物を持ったり、運んだりで繰り返し負担が掛かっていませんでしたか?

思い当たる方は負担の蓄積でギックリになっています。そして、歪みがある事で負担が蓄積しやすい状態になっています。日常生活の悪い癖が歪みの主な原因になるので、その習慣を正さない限りは、根本からの改善するのは難しいでしょう。

多くの場合、痛い所には原因がありません。結果としてその部分に痛みが出ていても、その部分に負担が掛かるような身体の状態があったからなのです。腰だけを治療して良くなっていない方はそこに原因がないからです。

ギックリ腰の多くは、背中、またはお尻・太ももが原因になっている事があります。みんなが同じ日常生活を送っているわけではないので、原因も様々変わってきます。その原因がはっきりしないうちに施術しても、満足のいく結果はでない事が殆どです。

原因を明確にした上で原因にしっかりアプローチできれば、回数を重ねるごとに痛みの出にくい身体に変わってきます。

現在もメンテナンスで通われている患者様の声を紹介します。

腰痛が酷くて・・

「腰痛が酷く来院。最初のうちは、痛みがすぐになくなる事はなかったのですが、何回も定期的に来院する内に、痛みも消えてきました。びっくりです!いろいろな整骨、整体院に行っても思う様に痛みが消えなかった方。院長の人当りも良く、優しいですよ。」

週一回でギックリ腰でした・・・

鈴木さん 会社員 小岩

「産後腰痛が酷く、週一でぎっくり腰でした。他の整体に行っていましたが、きちんと話を聞いてもらえなく、治らなかったので、こちらに来ました。こちらに来てから一度もギックリ腰になっていませんし、最初痛くて全然曲がらなかった腰も前屈しても床に手がつくようになりました!緊急帝王切開など大変なおさんをした方でもきちんと体の状態をみてもらえますよ。産後の方は是非♡」

小岩山中整体院を選ぶ事で
後悔しない結果を得られる

7つの理由

当院では初回カウンセリングは約30分時間を掛け、根本原因を見極めた上で、根本原因を的確にアプローチしていきます。根本原因が整う事で、本来持っている「治癒力」を引き出し、継続的に楽な身体を作る事を目的としています。

何が原因で症状がでているのかがわかれば、自分自身で気を付ける事ができます。それにより、長期的に症状が出ないようにする事が可能となります。

当院ではその人にあった通院頻度と目安をお伝えした上で、目的をもって治療を行います。症状が良くなっても無理に通わすということはありません。それぞれライフスタイルが違うので身体の負担の掛かり方が変わるので、中には症状が良くなってもメンテナンスで通われている方も多数いらっしゃいます。

施術を重ねるにつれて、筋肉の硬さや歪みの変化によって身体の状態が変化します。それに合わせて施術を変えていく必要があります。そこで当院では毎回身体の状態に合わせて施術する事で的確に根本にアプローチできます。さらに、院長のみが施術をするので毎回高い技術で、不安のない施術を提供します。

凄腕の院長として2019年3月発売「健康」・2019年5月発売「わかさ」で掲載されました。

院長は専門学校で6年、延べ10000時間を超えるカリキュラムを修了。人体解剖実習計2回修了。厚生労働省認可の国家資格鍼師・灸師・柔道整復師の免許を取得しております。

当院では施術後の日常でどのような事をしたら良いかご案内しております。更に日常でできるセルフケアをわかりやすくした資料でお配りしており、継続的に健康な身体を維持できます。そして、自分で自分の身体を改善する事が可能となります。

さいたま市浦和区整体ルームみころ
柔道整復師・整体師 院長 松苗将史

山中先生とは学生時代に出会いました。学校時代からとても勤勉で仕事と勉強をしっかり両立されている先生でした。山中先生の話方はとても落ち着いていて、説明もわかりやすいのでとても安心できると思います。
お悩みの方はぜひ一度施術を受けてみてください!その場限りの気持ちよさだけではなく、しっかりと根本改善していくのが実感できますよ!私は小岩山中整体院を自身を持ってお勧めいたします。

今なら

繰り返し腰に痛みが出ている方、慢性的な腰痛がある方で痛みを良くした上で、痛みの再発防止までしたい方は是非お越し下さい。

「根本治療専門の整体院」小岩山中整体院

お問い合わせはこちら

03-6874-4827

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください