この様な方はは是非お越し下さい。ベビースペース、親切対応でお待ちしております♪

【産後の骨盤の状態について】
出産後6ヶ月以内に骨盤は閉じます。 出産前後は【恥骨結合】という部分と【仙腸関節】という部分が広がります。広がる範囲は個人差もありますが、だいたい数mm~2㎝くらいと言われています。 この【恥骨結合】と【仙腸関節】は個人差はありますが約6ヶ月程度経てば自然と閉じます。
それなら骨盤矯正なんて意味無いんじゃない?と言われそうですが当院が着目しているのはこの【恥骨結合】ではありません。

【歪みの原因】
確かに出産の後は【恥骨結合】と【仙腸関節】が緩い状態が続きますが、産後の歪みは何が原因だと思いますか? それは 妊娠中と出産後の育児によって引き起こされるのです。 妊娠中お腹に赤ちゃんがいる状態なので、お腹が前に出てきて、それにつられて腰も反りやすくなっていきます。腰が反ることによって、自然と骨盤は前側に倒れるようになってきます。
もともと腰が反っていたところに、出産や育児などが少しずつ重なることで、骨盤周りのバランスが崩れてしまいます。
【歪みを放っておくと】
骨盤の歪みを放っておくと肩こりや頭痛、腰痛や股関節・膝痛などの症状を出してしまいます。 さらに出産後は徐々に子供も大きくなっていくにつれて【抱っこ】【おんぶ】【授乳】をするといったことで更にお母さんの負担も大きくなります。結果、肩や腰への負担が増え肩痛、頭痛、腰の痛みを起こす原因となってしまうのです。当院では骨盤だけでなく、抱っこによって辛くなった肩周りの不調も整えていきます。

【患者様の喜びの声】

横山さん 東新小岩

産後の骨盤矯正の為、最初のカウンセリングで肩こりの悩みも相談しました。

毎回、施術後は腕を上げると軽く感じ、スッキリしたように思います。骨盤が前にせり出して、姿勢が悪くなった気がしていたのも解消できました。

赤ちゃん(私の場合は3,4か月)を連れていても、親切に対応してくださいました。まだ赤ちゃんが小さいから、、、と迷っている方にオススメです!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください