小岩山中整体院 院長の山中です。
今回のテーマは【肩こり・腰痛の原因は冷え】です。
首は背中も腰も繋がっています。腰から首は姿勢が悪いと、肩こりや腰痛をおこしやすくなります。また、首・肩が痛くてもそれをかばうことで、二次的に姿勢が変わって腰が痛くなることがあります。
また、首・肩こりは冷えが原因で筋肉が硬くなり、血流不足で辛さがでる事もあります。冬場に特に肩・腕・首の辛さが出やすい方は肩周りを温める様にしていきましょう。
この冷えは頭からつま先まで影響が出ます。冷え性の方ほど肩こりが起きやすく、腰も痛みが出やすいといえるでしょう。

ご存知の方もいると思いますが「冷えは万病の元」です。体が冷えると血の巡りが悪くなり、免疫力や新陳代謝が低下して、頭の先から足の先まで不調が現れ、やがて大きな病気の引き金になります。事実冷え症の人は肩こりや病気になりやすい結果もあります。体を温めて冷えを改善する事は、様々な病気を予防することに繋がってきます。

冷えを放っておくと悪化の一途・・・こんな不調はありませんか?

肩こり・腰痛【血流の悪化が痛みを誘因】
家事や仕事などの日常生活で同じ姿勢を長く続けていると、筋肉が緊張して血管を圧迫することにより、血流の流れが悪くなります。すると筋肉内の老廃物が排出できずに溜まったままとなってしまい、こりを引き起こします。
全てではありませんが、慢性的なこりや痛みは、血行不良によるものが多いのです。冷えも血行不良を引き起こす要因の1つですから、体を温めることは、こりや痛みの予防・改善に繋がります。
不眠【放熱しにくい身体は、睡眠の質を下げる】
人間の体温は起床とともに上がり、夜になると下がるようになっています。
眠りに入る前は、体に溜まった熱(深部体温)を下げる為に、手足の先の血管を拡張させて血流を増やし、熱を放散します。
その体温の変動をきっかけに、体が眠りの体制に入っていくのですが、手足の冷えを感じている人は、熱をうまく逃がすことができず、質のよい睡眠が得られません。睡眠の改善には、寝る前にお風呂に浸かり体を温めて1時間後くらいに眠りにつくのが有効です。
胃腸の不調【冷えは胃腸の働きを鈍らせる】
「胃がもたれたり痛む」「下痢や便秘になりやすい」という人は、冷えにより胃腸の機能が落ちている可能性があります。冷たい飲食物を控え、内側から冷やさないようにするのはもちろん、腹巻等で外側から温めることも大切です。
太りやすい・痩せにくい【基礎代謝に影響する冷えは、太りやすさと表裏一体】
私達の身体の中では、食べたり飲んだりしたものを速やかにエネルギーに変え、体のすみずみに栄養を行き渡らせ、そして、いらない物を速やかに排出する「代謝」が行われています。すなわち、基礎代謝が高い人は、脂肪を溜め込まないので、脂肪燃焼が起こりやすく、老廃物を溜め込まないので便秘知らずになります。
 体温が高い人は、血液循環も良好なので、脂肪の温度が下がりにくく、すぐに脂肪を燃焼できる体制が作れます。平均温度が1℃下がると、基礎代謝力が12%も下がります。これでは、同じカロリーを摂取していても、体温の低い人ほど摂取したカロリーがその後消費されず、脂肪や老廃物として溜め込まれてしまうことになります。

冷えを予防するには①衣服を気にする②入浴をする③食事を気にする事が「冷えから身を守る」対策になります。

①衣服
衣服での対策は下半身を温める事が基本!
冷えは下半身や体の深部が冷たい状態にある。
【下半身はしっかり温め、上半身は重ね着で調整】
冷えを感じる人と、感じない人の皮膚表面温度を比較すると、顔、腹、腰、手のひら、手の甲では差が無かったのに対し、冷えのある人足の甲、足裏、ふくらはぎの表面温度が低かったという報告があります。冷え症の人は足先の温度が低いので、足を中心とした下半身を温かく保つ必要があります。
 寒い冬でも、セーターなど厚手の衣類をしっかり着込むというのは、少なくとも暖房のかけた室内では不適当です。暖房が効いていると汗をかく為、汗で熱を放出してしまうだけでなく、汗を乾くときにも体温の熱を奪って、かえって体をひやしてしまいます。
 冬の服装の基準は、「下半身は暖かく、上半身は重ね着で調節」。上半身の重ね着は、外気温や室温の状況によって調整できるよう、脱ぎ着しやすい前開きのものを選ぶ、マフラーや手袋を持ち歩くといった工夫も大切です。

②入浴
お風呂で血行促進、新陳代謝の活性化
体内の老廃物や疲労物質の除去を促す!
38~40℃前後のぬるめのお湯に15分以上じっくり浸かり、芯まで温まりましょう。
 熱いお湯ではすぐにのぼせて短時間しか入れず、体の表面が熱くなるばかりで、芯まで温まりません。ぬるめのお湯にじっくり浸かる事で、芯まで温まり血行が促進されます。
 コツは、最初から肩まで浸からない事、寒い冬は、肩まで浸かって全身を温めたくなりますが、上半身だけが先に温まってしまい、冷えを最も感じる足先が完全に温まりません。
 お湯の中で足の指を動かしたり、ふくらはぎをマッサージするのも血行促進に効果的です。
 そして、入浴後は1時間前後時間を空けて体が冷え始める頃にベッドに入ると質の良い睡眠を得ることができます。

③食事
偏った食生活では熱の生成ができず血行不良に陥る!
野菜を食べない、米・パンや麺類等の炭水化物、レトルトやインスタント食品ばかりという方いませんか?
 このような食生活で栄養バランスが乱れると、熱の生成に必要なたんぱく質やビタミン・ミネラルの不足が起こり、冷えをさらに悪化させます。
 また偏食は貧血も招きます。貧血によりヘモグロビンが不足すると栄養素が酸素不足で不完全燃焼を起こし、身体を十分に温める事ができません。血液量そのものが少なくなり、末梢への血液も不足し、特に手足などの冷えの原因にもなります。
【体を温める食べ物】【体を冷やす食べ物】
を知っておこう!
東洋医学には体を温める「陽性食品」体を冷やす「陰性食品」があります。もちろん陰性食品の栄養も大切なので、加熱したり陽性食品と食べ合わせましょう。

上記【3対策】と合わせて身体のバランスを整える事でさらに効果的に冷えの対策をとる事ができます。

上記の対策をしているけど、「なかなか肩こり・腰痛が治らない」「早く痛み・辛さを良くしたい」そんな方は肩こり・腰痛専門根本改善整体院の【小岩山中整体院】へお越し下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください