小岩山中整体院、院長の山中です。
今回のテーマは【産後起こる骨盤周りの不調】についてです。
出産する前とした後で骨盤周りにどのような影響があるでしょうか?
【出産前の骨盤周りの状態】
出産前は反り腰になり、お腹を支えて腰に負担が掛かる状態になっています。その状態は腰から背中にかけて負担の掛かりやすい姿勢で、その姿勢を続けているとどうしても、骨盤周りの筋肉が緊張し、腰痛を引き起こしやすくなります。その状態で家事をこなすとなると、さらなる腰への負担となるでしょう。
この緊張状態で、出産する時には、全身を使って力みや体力を使います。硬い状態にさらに負担を掛けているような状態です。そして、出産後はお腹の重さがなくなり、一気に身体の重心が変化してきます。その際に骨盤周りの緊張した筋肉が影響して、骨盤、股関節、膝関節への痛みへ変化してきます。
【出産後の骨盤周りの状態】
出産時に起きる現象として、赤ちゃんが出てくる為に骨盤の前にある恥骨結合と骨盤の後ろにある、仙腸関節が少し緩んで、赤ちゃんが骨盤内から出やすい状態になります。出産後はその恥骨結合と仙腸関節は6ヵ月程かけて元の状態に戻っていきます。
その際に筋肉の緊張や左右の重心のアンバランスが影響して、どちらか一方の仙腸関節だけ硬くなった状態ができます。仙腸関節が影響して腰痛がでる事を【仙腸関節性腰痛】と言います。


【出産後の痛みの原因】
【仙腸関節性腰痛】とはいったいなんなのか?文字通り、仙腸関節が影響して腰痛が起こることです。
この仙腸関節は基本的には動かない関節ですが、僅か3~4㎜ほど動くとされています。この数㎜のズレや左右のバランスが崩れると左右の筋肉の緊張が崩れ、腰だけでなく、股関節、膝関節に痛みがでてきます。

産後に腰、股関節、膝関節の痛みが長引いている場合、骨盤周りの不調を整える事で、早い段階で痛みを抑える事ができます。
産後は無理せず、骨盤矯正をしていきましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください