岩山中整体院 院長山中です。
今回のテーマは【腰部脊柱管狭窄症】についてです。

腰部脊柱管狭窄症は50代以降を好発年齢とし、腰痛や下肢の痛みをきたす疾患です。早い方だと30代でも発症することもあります。脊柱管というのは背骨のトンネルで、中に神経を通しています。そのトンネルが狭くなり、神経が挟み込まれた状態を脊柱管狭窄症といいます。
腰椎後方(背中の方)の黄色靭帯が肥厚し、椎間関節が変形して厚くなり、椎間板が膨らみ、神経を圧迫します。それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症を発症します。


【特徴】
安静時には症状がなくても、少し歩くと痛みやシビレが出て歩く事が出来なくなります。しばらく休むと復活そして、歩くと痛くなって休むこのような歩行を①間欠性跛行「かんけつせいはこう」といい、これが特徴となります。②少し前かがみで歩くと楽、自転車では全く問題なく乗れるのも特徴です。さらには、③症状が良くなったり、悪くなったり波があります。

【神経痛が出るメカニズム】
脊柱管狭窄症により狭くなった腰部の神経は腰⇨骨盤⇨お尻⇨太もも⇨ふくらはぎ⇨足と流れます。長時間歩いたり、立っていると脊柱管狭窄部が徐々に締め付けられ、痛み痺れがお尻を中心に出てきます。
このような症状の場合、整形外科に行くと痛み止めや湿布を出されます。なかにはブロック注射や手術を勧められる事があります。痛み止めやブロック注射では、その場の痛みだけ軽減するものの、根本の原因が解決していない為、すぐに戻ってしまいます。

【手術が必要な状態とは?】
症状が悪化すると下肢の筋力低下、痛みによる歩行困難、肛門周辺のほてりや尿が出にくくなったり、逆に尿が漏れたりすることがあります。このような状態は手術が必要な場合です。

下肢のシビレや間欠性跛行といった症状は、ある日突然現れるといったものではなく、軽い症状から徐々に悪化していきます。骨が変形し、人体が肥厚して生じた狭窄の場合は時間が経っても狭窄が緩和されて広がることはありません。

【改善法はある】
手術をして神経の圧迫を取り除く⇨但し、手術をしたからといって確実に腰痛・お尻・足の痛み・シビレが取れるとは限らない、むしろ悪化するケースもあるので手術は慎重に選択する事をオススメします。手術が推奨される状態は上記に記入

腰痛専門の整体を受ける⇨神経の圧迫が骨に原因がある状態(腰椎ストレート)、又はその周りの筋肉の硬さが原因の場合があります。本来持っている生理的弯曲、腰部では前弯にすることで、神経の通り道を正常にする方法です。腰部の前弯がない(腰椎がストレート)ことで神経を圧迫してしまっているケースの場合、日常での姿勢と適切な処置をする事で症状が緩和されてくる事が多くあります。

今の痛みに耐えて痛み止めや湿布でしのぐ⇨原因が解決していないので、時間が経っても狭窄が緩和される事はありません。痛み止めやシップを貼り痛みを緩和させ、耐えながら生活を送る方法

どの方法を選ぶかは自由です。今の痛みを諦めている方は③を、少しでも今の状態を良くしたいけど手術①を受けたくない。そう思う方は②腰痛専門の【小岩山中整体院】までお越し下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください